塩尻市 観光協会 時めぐり

(一社)(一社)塩尻市観光協会 時めぐり

花ブログ

旅のおともに

市民記者ブログ

触れる

トップページ触れる > 全国短歌フォーラムin塩尻

全国短歌フォーラムin塩尻

今を生きる人が歌を愛する心を育むために、毎年秋に「全国短歌フォーラムin塩尻」が開催され、全国から沢山の投稿歌が寄せられます。

所在地

塩尻市レザンホール

駐車場

塩尻市役所駐車場等をご利用ください

料金等

無料

問い合わせ

〒399-0738
塩尻市大門七番町4番3号
塩尻総合文化センター内
全国短歌フォーラム事務局
TEL0263-52-0280(塩尻市役所代表)内線3136
fax 0263-53-7604

その他 -

旅log

ロマン塩尻 第11稿 塩尻ゆかりの文化人とその風土 その1

歌人 太田水穂
太田水穂は、塩尻市の出身で、革新短歌運動に、携わりました。 上京して歌誌「潮音」を主宰し、象徴的な歌風で知られ、「短歌のふるさと塩尻」の中心人物です。
 この水穂の歌碑「命ひとつ露にまみれて野をぞゆく はてなきものを追うごとくにも」が、塩尻短歌館わきの歌碑公園の一角にあります。
 この歌は水穂の代表作で、歌の道に命をささげた、たゆみない短歌修業の人生が、歌い込まれています。 そして、道ひと筋に生きる多くの人の生きる姿にも重なり深い感動を覚えます。 筆蹟は水穂の自筆の書を拡大したもので、堂々として悠揚せまらざる雄渾さは、見る人を引きつける美しさがあります。
 さらに、この歌碑は遠く日本アルプスを望む静かな松林の中に建っており、訪れる人が後を断ちません。 全国に歌碑は星の数ほどありますが、碑の姿、歌の内容、周囲の環境のどれをとっても、第一級の品格を備えています。

塩尻短歌館ホームページは こちら (場所地図もあります)
交通は JR広丘駅下車 徒歩約10分
    地域振興バス 広丘駅循環線東廻り 短歌館入口下車 徒歩約1分
     運賃一律1回100円(子供同額) 車内には両替機がありませんので
            100円ご用意ください。
           バス時刻表は こちら           
お問い合わせは ロマン塩尻 事務局 E-mail は こちら

Best Shot

Map

Now Printing

(一社)塩尻市観光協会 時めぐり